税理士 高橋寿克 税理士開業日記

新宿,千代田区,横浜,さいたま市,西東京市,東村山・所沢,船橋市,千葉市,柏市の税理士法人TOTAL(TOTAL Group)。 1500人近い起業家のお客様とお仕事をしています。
起業家支援、医療、資産税とTOTALで「日本一良い総合士業事務所」を目指しています。

夏休みの宿題

LINEで送る
Pocket

東京都千代田区と千葉県船橋市の
税理士法人、司法書士・行政書士事務所TOTALの
高橋寿克です。

学校の夏休みが明日で終わります。
昨日は、子供たちが夏休みの宿題を仕上げていました。

その中の一つが習字です。
はじめて、娘が筆で字を書いているところを見ました。
以前から、子供たちの字が下手だなあと思っていたのですが
=============
私は、ペン字は下手ですが、習字は小学校時代に数年習っていたこともあり、
書道はある程度わかります。
習字は、とめ・はねの基本技術と字のバランスが重要だと思います。
=============

下手な理由がわかりました。
習字を始めてから1年以上は経っているのに
習字の基本である
「とめ」、「はね」 が全くできていないのです。
仕組み自体を習ったこともないようでした。
(もしかしたらうちの娘の理解力が足りないのかもしれません)

自由に書きましょう。
は、もっと、基礎技術がしっかりしてからでも良いように思います。

もっとも、「とめ」と「はね」の基本を教えて、ちょっとバランスを直しただけで1時間後には見違えるように上手になりました。

社員教育も同じなのかもしれません。
基本となる技術や型をまずは教え、反復継続して練習させれば
若くて素直で吸収力があれば、教育や管理が適切ならいくらでも伸びるのかもしれません。

私自身は、以前は、教育や管理が得意ではないと思っていました。
ただ、子育てを通じて色々なことを学ぶうちに
教育や管理も、技術熱意でなんとかなることが多いかもしれない
と気づいたときからあまり苦手意識はなくなりました。
子育てから学ぶことは多いですね。

子供たちは昨夜で何とか宿題のめどがついたようです。

税理士法人TOTALは8月決算なのですが、
私自信は、今期の仕事の宿題が、あと2件残っています。
残念ながら、次の期に持ち越しそうです。

LINEで送る
Pocket

徒然なるままに 記事一覧